初めての夜

Sexy girl

はじめてその地に足を踏み入れたその日、私ははじめて風俗を利用したのです。そのときに指名した風俗嬢は私の大学時代の後輩に似ており、まさに満足することができる時間が約束されたものでした。
私が利用したサービスはデリバリーヘルスだったため私は一足先にホテルで待っていました。
ようやく時間になって彼女がホテルに到着すると、そこでようやく彼女と言葉を交わすことになりました。思っていた以上に後輩に似ていたことが、私の胸の鼓動をいっそう早めたのです。

この点、人とは大変わかりやすい生き物であり、自分が好意を寄せている女性に容姿が似ている女性であるのなら、それだけで大きな満足を得ることができるのです。
もちろん私もその類であり、そのことになんら抵抗を抱くことなく、そのまま彼女と触れ合うことを考えたのです。
こうして考えると、人とはいったい何をもって人とするのか、つまり、人との関わりとは、いったい何をもって関わりというのかが、極めて抽象的な問いであり、また、その答えも極めて抽象的なものであるということがわかるのではないでしょうか。
結局のところ、私は後輩にに似た彼女を、つまりはその風俗嬢に夢中になっていたのです。

幸せになる

Sexy lady

こうして私が風俗嬢と時間を過ごしたことで、私にとって女性の価値というものがようやく分かるようになったのです。
女性の価値とは、以下に女性として、自身に満足を与えてくれるのかという点にあったのです。それがときに身体に対するものであり、そしてまたときに、心に対するものなのです。
私は今でも学生時代の後輩に好意を抱いているのですが、それと同時に、例の風俗嬢にもまた、大きな好意を抱いているのです。これは人としてむしろ当然のことであるといえると、私は考えています。

そもそも、人を好きになる、または何かに夢中になるという行為は、至極原始的な現象であり、それゆえ、より高次な規範である、一人の女性を愛するようにとの戒律は、そもそもその存在の論理に矛盾をはらんでいるのです。
そんなことを、名古屋で出会った風俗嬢は私に教えてくれたのです。こうして私は学生時代からしばしば議論の対象となっていた、女性の価値は何かという議題に、一つの答えを導き出すことに成功したのです。
この経験を活かして、今では多くの人に、風俗を利用する際には、自分が好意を抱いている女性に似た女性を選ぶようにと進言しているのです。
もしも今、風俗を利用しようと考えている人は、そんな方法で女性を選んでみてはいかがでしょうか。

新鮮な地で

Girl wearing white underwear

私と風俗嬢の出会いはまさに偶然そのものでした。元々は私の地元の知人が仕事の関係でとある地方にいったことがきっかけ私はある日そこを訪れることになったのです。
今まではただ新幹線で通過するだけの駅だったのが、人生で初めて足を踏み入れる場所となったのです。私は知人と会って色々な話をしました。
因みに、この知人とは、私の学生時代の後輩の女性で、実を言うと私はその女性に好意を抱いていたのです。
学生時代にはその女性と一緒にいる時間も大変多いものだったのですが、それでもいわゆる男女の関係になることはなかったのです。

その後輩と会った日も、実は私は内心、今日こそ進展があるのかと期待はしたけれど、結局なにもないまま、そのまま解散することになったのです。
今から思えば、これが全ての始まりだったのです。こうしてその後輩と別れた私は、どうしてもそのまま帰るという気分にはならなかったのです。
それもそのはず、今日こそその後輩と一層距離を縮めたいと考えていた私にとって、そのまま帰路につくのはあまりにも空虚なものだったからです。
そうして私はしばらく名古屋を観光することになったのです。これが結果として、例の風俗嬢との出会いにつながるのでした。

女性の価値を探る

Sexy girl lying on the bed

男性にとって、女性の価値とはいったいどのようなものなのでしょうか。私が大学時代に友人たちとこのような議論をしてから、もう8年近くが経とうとしています。学生時代は毎日の様に議論して、それでも明確な答えは出ませんでした。

今から振り返ると、まさに不毛な議論そのものだったといえるかもしれませんが、今の私には女性の価値というものがおおよそわかったということがいえるのです。

なお、私の女性の価値を教えてくれたのは、風俗嬢だったのです。学生時代に同性の友人と毎日のように議論して出なかった答えが、まさか風俗嬢から見つかるとは、当時の私は全く予想だにしなかったのです。
ここでは、そんな私と名風俗嬢について、思い出しながら色々な話を綴っていきたいと考えています。私が風俗嬢と初めて出会ったのは、私が大学を卒業して3年が過ぎたときです。
もともと風俗とは無縁だった私は、とあるきっかけで風俗店を訪れることになったのです。そして、紆余曲折を経て出会ったのが、その風俗嬢だったのです。
それは私にとっては初めての風俗嬢であり、そして、私に女性の価値を明確に教えてくれた、おそらくは初めての女性だったのです。

She is wearing black underwears
このエントリーをはてなブックマークに追加